Read Article

英国発、5日間300kmの超ウルトラ・マウンテンレース「Dragon’s Back Race」の完走報告会、2015年9年30日(水)に開催



 英国発、5日間300kmの超ウルトラ・マウンテンレース「Dragon’s Back Race」の完走報告会が、2015年9年30日(水)に開催されます。

 英国発祥のOMM(Original Mountain Marathon)。日本では昨年、OMM JAPANが開催され、今年も11月に第2回大会が開催されます。しかし、本国のOMMのスケールをはるかにしのぐ「Dragon’s Back Race」というレースが英国にあります。

 本報告会は海外のタフなウルトラレースに挑戦し続けてきたトレイルランナー/ロゲイナーの館野久之さんがこの夏に挑戦したDragon’s Back Raceを紹介してくれるものです。

 Dragon’s Back Raceは、マップとコンパスだけを頼りに、道標や目印ひとつない荒野を行く、アドベンチャラスで超ウルトラ級のステージ制マウンテンランニングで、5日間で距離300km、獲得標高1万6000mを踏破します。ナビゲーション技術が必須の「コースがないウルトラマラソン」として、ユーコンやトルデジアンなどと並び「最もタフなウルトラマラソン ベスト8」にも選ばれています。

 ドラゴンの背に例えられる英国ウェールズのカンブリア山脈に沿った5つのステージは、記録映画が映画祭でトリプル金賞を受けるほどの素晴らしい風景です。しかし、そこには嵐が吹きすさぶ垂直の岩稜、深い霧に包まれたヒースの藪、冷たい渓谷の徒渉、底なし沼さえもが待ち受けています。

 報告会では、情報収集・準備から、エントリー・アクセス・装備・ウェア・レース風景・エイドやキャンプの情報など、過酷ですが素晴らしいレースの詳細を、豊富な資料と共に余すところなく披露してくれます。

20150915-01

開催概要

2015 Dragon’s Back Race報告会

開催日時: 2015年9月30日(水)19時~21時(受付開始:18時30分) 

開催場所: 神田神保町 インプレスグループセミナールーム
(東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビル23階)

報告会概要

 (1)Dragon’s Back Race とはなんぞや?
   - レースの歴史 – メディア紹介記事 – レース概要
 (2)コースプロファイル
   -OMM,TDG, PTL,砂漠レース他と何が違うか? – レースフィルム上映
 (3)レースに参加するまで
   - エントリーまでの経緯 – エントリー方法 – 事前のトレーニングなど
    必須装備、食糧購入など
 (4)レース本番
   - レース装備パッキング – レジストレーション – ブリーフィング – レーススタート
   - 各日コースとテントサイトの様子を写真を交えて解説
 (5)次回レース予定について

詳細はMTSNのホームページでご確認ください。

Return Top