Read Article

ウルトラトレイル・マウントフジ2016報告書、大会ホームページに掲載



 「ウルトラトレイル・マウントフジ2016報告書」が、大会ホームページに掲載されました。
 (http://www.ultratrailmtfuji.com/news/2016/09/7097/

 悪天候の影響でスタート時間を遅らせたり、コースを短縮したりなど大きな影響を受けたUTMF2016年大会。大会参加者のみならず、スタッフ、ボランティアの方々の安全や自然環境保護なども考えればその決断も正しい判断だと思われます。次回大会については、開催の可否、開催時期も含めて今後関係各所と調整・検討を行った上で発表(発表時期は未定)しますとのことです。トレイルランナーとしては日本のトレイルランニングの一大イベントとなった大会ですので、引き続き開催してもらいたいと思います。

 以下は大会ホームページに掲載されている実行委員長の鏑木毅さんのコメントです。

選手一人一人の無念なお気持ちを考えると、自分自身の身が引き裂かれるような思いになります。

そんな厳しい状況の中、安全にレースを終えようと必死に努力をしてくださった全ての関係者の皆さん、

心ならずも我々の非情な判断を受け入れ、安全な競技を心がけていただいたた全ての選手の皆さんに深く感謝を申し上げます。

また、大会期間中に幾つかの不手際もあったことに対しては、心からお詫びをいたします。

今回は大きな試練の大会となってしまいましたが、このことはきっと今後、

UTMFを更に大きく成長させる力になると信じるとともに、そうすることが我々の責務だと強く考えます。

この度、大会を終え、これまでの経緯を整理し直し、報告書を作成しました。

また、今後の対応についてもお伝えしますので、お読みいただければ幸いです。

2016年9月30日

ウルトラトレイル・マウントフジ実行委員長  鏑木 毅

Return Top